65

2021年1月19日より


「ご入学おめでとうございます」

色が変化しているだけであるが、ハートが動いて見える。

Copyright Akiyoshi Kitaoka 2021 (March 31)



Any two of them are the same luminance gradient. Which are they?

— Akiyoshi Kitaoka (@AkiyoshiKitaoka) February 20, 2021


「慣性的余韻」

この円盤は、0.8秒ごとに15度ずつ時計回りに回転しているが、回転が終わっても、少し時計回りに動いて見える。

Copyright Akiyoshi Kitaoka 2021 (February 15)


Copyright Akiyoshi Kitaoka 2021 (March 2)


「扉を開けたまま走る電車」

停車中の電車が右に走行するように見える。

Copyright Akiyoshi Kitaoka 2021 (February 9)



停車中の電車が左に走行するように見える。



停車中の電車が浮上するように見える。



電車が歩くように見える。


「優柔不断な行き先」

電車はこちらに向かっているように見えたり、向うに行くように見えたり、あるいはそれらが短期的に(振り子のように)交替するように見えたり、あるいは長期的に見ていると交替するように見える。(このアイデアは、以前見た外国の地下鉄のデモのパクリ)

Copyright Akiyoshi Kitaoka 2021 (February 8)

🚃

— Akiyoshi Kitaoka (@AkiyoshiKitaoka) February 8, 2021

「2等辺三角形のリングの回転」

リングは回転して見える。明るい条件では、内側のリングは時計回り、外側のリングは反時計回りに回転して見える。逆に、暗い条件(印刷して暗いところで見る、あるいはNDフィルターを通して見る)では、内側のリングは反時計回り、外側のリングは時計回りに回転して見える。それらの拮抗する錯視の強さが釣り合っている時、小刻みにガクガクと回転方向が切り替わって見える。

Copyright Akiyoshi Kitaoka 2021 (January 26)


<金色版>


「ひし形列車の運行・黒背景」

上から、右・左・右・左に動いて見える。逆に、暗い条件(印刷して暗いところで見る、あるいはNDフィルターを通して見る)では、左・右・左・右に動いて見える。

Copyright Akiyoshi Kitaoka 2021 (January 22)

「ひし形列車の運行・白背景」

上から、左・右・左・右に動いて見える。暗い条件(印刷して暗いところで見る、あるいはNDフィルターを通して見る)では、効果が弱くなるが、逆転まではしない。

Copyright Akiyoshi Kitaoka 2021 (January 22)


「青い頭のさかな」

さかなの列が左右に動いて見える。

Copyright Akiyoshi Kitaoka 2021 (January 22)


「まつぼっくり」

リングが回転して見える。

Copyright Akiyoshi Kitaoka 2021 (January 22)


「ブラックホールの拡大」

ブラックホールが拡大して見える。

Copyright Akiyoshi Kitaoka 2021 (January 19)


cf.


「オレンジの円盤の拡大」

オレンジ色の円盤が拡大して見える。

Copyright Akiyoshi Kitaoka 2021 (January 19)

「黄色の円盤の拡大」

黄色の円盤が拡大して見える。

Copyright Akiyoshi Kitaoka 2021 (January 19)

「白の円盤の拡大」

白の円盤が拡大して見える。

Copyright Akiyoshi Kitaoka 2021 (January 19)

「赤い円盤の拡大」

赤い円盤が拡大して見える。

Copyright Akiyoshi Kitaoka 2021 (January 19)

「マゼンタ色の円盤の拡大」

マゼンタ色の円盤が拡大して見える。

Copyright Akiyoshi Kitaoka 2021 (January 20)

cf. マゼンタ色の円盤が縮小して見える。


最新作64 (2020年12月 - 2021年1月)
最新作63 (2020年4月 - 2020年7月)
最新作62 (2020年1月 - 2020年4月)
最新作61 (2019年5月 - 2019年12月)
最新作60 (2018年6月 - 2019年4月)
最新作59 (2017年7月 - 2018年5月)
最新作58 (2016年3月 - 2017年3月)
最新作57 (2015年1月 - 2016年2月)
最新作56 (2014年9月 - 2014年12月)
最新作55 (2014年5月 - 2014年9月)
最新作54 (2014年1月 - 2014年4月)
最新作53 (2014年1月 - 2014年1月)
最新作52 (2013年9月 - 2014年1月)
最新作51 (2013年4月 - 2013年9月)
最新作50 (2012年12月 - 2013年4月)
最新作49 (2012年8月 - 2012年12月)
最新作48 (2012年2月 - 2012年8月)
最新作47 (2011年8月 - 2011年12月)
最新作46 (2011年5月 - 2011年8月)
最新作45 (2010年12月 - 2011年4月)
最新作44 (2010年10月 - 2010年12月)
最新作43 (2010年4月 - 2010年8月)
最新作42 (2010年1月 - 2010年4月)
最新作41 (2009年9月 - 2009年12月)
最新作40 (2009年8月 - 2009年8月)
最新作39 (2009年5月 - 2009年7月)
最新作38 (2008年2月 - 2009年4月)
最新作37 (2008年12月 - 2009年2月)
最新作36 (2008年10月 - 2008年12月)
最新作35 (2008年8月 - 2008年10月)
最新作34 (2008年7月 - 2008年8月)
最新作33 (2008年6月 - 2008年7月)
最新作32 (2008年4月 - 2008年6月)
最新作31 (2008年3月 - 2008年3月)
最新作30 (2008年1月 - 2008年3月)
最新作29 (2007年12月 - 2008年1月)
最新作28 (2007年10月 - 2007年12月)
最新作27 (2007年8月 - 2007年9月)
最新作26 (2007年6月 - 2007年8月)
最新作25 (2007年3月 - 2007年6月)
最新作24 (2007年3月 - 2007年3月)
最新作23 (2007年2月 - 2007年3月)
最新作22 (2006年12月 - 2007年1月)
最新作21 (2006年10月 - 2006年11月)
最新作20 19 18 17 16 15 14 13 12 11 10


トップページ