恒常8

since December 19, 2020



"Illusory reddish coke can"

Copyright Akiyoshi Kitaoka 2021 (October 13)




北岡明佳 (2021) 「新しい並置混色による錯視とVRへの応用」 (2021年9月12日(日)10:30-11:50・第26回日本バーチャルリアリティ学会大会(立命館大学・オンライン)・基調講演1) Presentation (html)


Copyright Akiyoshi Kitaoka 2022 (August 19)


「錯視的に赤いチューリップ」

錯視的に赤いチューリップは、灰色か、灰色に近いシアン色である。黄色のチューリップの画素は緑色、白のチューリップはシアン色である。

Copyright Akiyoshi Kitaoka 2022 (August 16)




Copyright Akiyoshi Kitaoka 2022 (April 14)


「グランフロント大阪 The Lab. 錯視店の看板を利用した色の錯視デモ」

左の画像の「立命館大学」のピースは白く見え、「凸版印刷」のピースは黄色く見えるが、それらはそれぞれ、右の画像の青くみえる「立命館大学」のピースと黒く見える「凸版印刷」のピースと同じ色である。

Copyright Akiyoshi Kitaoka 2021 (September 26)


イチゴの色の錯視の画像(上から、原画像、加算的色変換画像、二色法画像)

Copyright Akiyoshi Kitaoka 2021 (December, 7)



「肌色変換による青いミニ」

左の画像では、青く見えるボディの画素は青くなく、オレンジ色の色相である。右の画像がオリジナルの写真。2021年6月20日(日)に、ローザンベリー多和田(滋賀県米原市)で撮影。

Copyright Akiyoshi Kitaoka 2021 (June 22)

日本色彩学会2021発表


「黄色く見えるひまわり」

黄色い画素はないが、ひまわりの花びらは黄色く見える。

Copyright Akiyoshi Kitaoka 2021 (June 12)



(左下の花びらの拡大画像)


「赤く見えるイチゴ」

赤い画素はないが、イチゴは赤く見える。

Copyright Akiyoshi Kitaoka 2021 (June 12)



(左下のイチゴの先端部の拡大画像)


「赤く見えるイチゴ」

青い画素はないが、イチゴは赤く見える。

Copyright Akiyoshi Kitaoka 2021 (June 12)



(左下のイチゴの先端部の拡大画像)


「青く見えるイチゴ」

すべてのピクセルは黄色の色相であるが、イチゴは青く見える。

Copyright Akiyoshi Kitaoka 2020 (December 19)


色の恒常性 7

色の恒常性 6

色の恒常性 5

色の恒常性 4

色の恒常性 3

色の恒常性 2

色の恒常性 1


トップページ