リビング子ども科学大学2017
2016年8月2日(水) 10:30-11:30
立命館大学総合心理学部(茨木市)

だまし絵(錯視)を体験

2017年7月22日より


(1) 錯視うちわ作り



まず、シールをはがします。


うちわに貼ります。


できた!

戴子堯氏(2016年度撮影)


(2) CDに回転錯視作り


画像 (クリックして高解像度ファイルをダウンロード)


画像 (クリックして高解像度ファイルをダウンロード)



Kitaoka, A. (2014). Color-dependent motion illusions in stationary images and their phenomenal dimorphism. Perception, 43(9), 914-925.



Copyright Akiyoshi Kitaoka 2016 (July 4)



画像 (クリックして高解像度ファイルをダウンロード)


画像 (クリックして高解像度ファイルをダウンロード)


SC-PX7VII印刷用(151 x 151 mmに設定)の画像 (クリックして高解像度ファイルをダウンロード)


SC-PX7VII印刷用(151 x 151 mmに設定)の画像 (クリックして高解像度ファイルをダウンロード)



(3) 輝度勾配による明るさ錯視の工作

輝度勾配画像(明るさのグラデーション画像:上図)にその中央部分(中図)を切り取ったものを左右に寄せて配置するとできあがり(左図)。用意するものはハサミと輝度勾配画像。4つの正方形の片は同じ輝度(正確には輝度グラデーションであるが、一番左は明るく、一番右は暗く見え、中間のは中間の明るさに見える。

Copyright Akiyoshi Kitaoka 2015 (July 4)



輝度勾配画像 (クリックして高解像度ファイルをダウンロード)


切り取り用輝度勾配画像 (クリックして高解像度ファイルをダウンロード)




グラフィクスによる作例(クリックして高解像度ファイルをダウンロード)
Copyright Akiyoshi Kitaoka 2015 (July 4)


Copyright Akiyoshi Kitaoka 2015 (July 4)



動画デモ
lightness_illusion2017a.mp4 (2017)
lightness02-00237.mp4

Copyright Akiyoshi Kitaoka 2015 (November 18)




説明




Intrinsic model of the luminance-gradient-dependent lightness illusion

In this model, the luminance profile is explained as the summation or multiplication of illuminantion and surface reflectance.

produced by Akiyoshi .Kitaoka 2006 (March 16) (corrected Jnuary 11, 2017)


錯視的階段状ゲルプ効果など


(4) 逆遠近法(エームズの台形)工作



シンプル版(説明付き)

展開図(クリックすると高解像度ファイルをダウンロードできる)

Copyright Akiyoshi Kitaoka 2016 (August 26)


reverspective-VID_20170728_153101.mp4




(5) ムンカー錯視の工作


左のハートと物理的に同じ色は(1)(2)(3)のうちどれでしょう。


問1

解答



問2

解答



問3

解答



問4

解答


ホワイト効果の工作セット。用意するものは、明るさの対比図形1枚、ポスターカラーマーカー白と黒1本ずつ(細字がよい)、OHPシート。OHPシートを使わず直接描き込んでもよい。

Copyright Akiyoshi Kitaoka 2015 (June 9)

台紙 (クリックして高解像度ファイルをダウンロード)




Copyright Akiyoshi Kitaoka 2015 (June 29)


Copyright Akiyoshi Kitaoka 2015 (July 9)



おしまい




こども科学大学2016@OIC

錯視工作3

錯視工作2

錯視工作


トップページ