レー

さかさまにするとそれまで凸に見えていたところが凹に見え、凹に見えていたところが凸に見える図形の現象のことである。図を180度回転しても同じ図になる。

2013年1月28日より


「主観的輪郭とクレーター錯視」

左上の文字は凸に見え、左下のは凹に見える。それらをさかさまにした右下と右上の文字はそれぞれ凹と凸に見える。

Copyright Akiyoshi Kitaoka 2015 (May 23)



英語版


クレーターの写真(左)をさかさまにすると、クレーターが出っ張って見える(右)。

©NASA
NASA Center: Johnson Space Center
Image # : AS10-32-4823
Date : 05/01/1969
Title : Terraced Wall Crater on the Lunar Limb
http://grin.hq.nasa.gov/BROWSE/apollo10_1.html (2009年6月11日に立命館大学よりアクセス)


クレーター錯視は成立しない?


「凹凸反転」

暗い正方形が凸に見える場合もあれば、明るい正方形が凸に見える場合もある。全体が左に動いて見える。

Copyright Akiyoshi Kitaoka 2015 (April 24)


全体が右に動いて見える。



「上昇」

暗い正方形が凸に見えるとともに、全体が上に動いて見える。


「下降」

明るい正方形が凸に見えるとともに、全体が下に動いて見える。


After Fig .1 of Tsuruhara, Sawada, Kanazawa, Yamaguchi and Yonas (2009)

Tsuruhara, A., Sawada, T., Kanazawa, S., Yamaguchi,M.K., and Yonas, A. (2009). Infant’s ability to form a common representation of an object’s shape from different pictorial depth cues: A transfer-across-cues study. Infant Behavior and Development, 32, 468–475. (p.470, Fig .1)

Also see:
Blake A, and Bülthoff H. (1990). Does the brain know the physics of specular reflection? Nature, 343, 165-168.
Reichel, F. D., & Todd, J.T. (1990). Perceived depth inversion of smoothly curved surfaces due to image orientation. Journal of Experimental Psychology: Human Perception and Performance, 16, 653-664.


I made the image show below (May 16, 2011) after I had seen the Tsuruhara et al.'s (2009) image.

with permission on July 24, 2014



「艶のあるクレーター錯視・三色盛り」

それぞれ左は真ん中が凸、外に向けて凹・凸・凹に見える。右は真ん中が凹、外に向けて凸・凹・凸に見える。さかさまにしても同じ。

Copyright Akiyoshi Kitaoka 2013 (January 28)

cf. Motoyoshi, I., Nishida, S., Sharan, L. & Adelson, E.H. (2007). Image statistics and the perception of surface qualities. Nature, 447, 206-209.



「艶のあるクレーター錯視・三色盛り、その2」

それぞれ左は真ん中が凸、外に向けて凹・凸・凹に見える。右は真ん中が凹、外に向けて凸・凹・凸に見える。さかさまにしても同じ。

Copyright Akiyoshi Kitaoka 2013 (January 28)



「マットなクレーター錯視・三色盛り」

それぞれ左は真ん中が凸、外に向けて凹・凸・凹に見える。右は真ん中が凹、外に向けて凸・凹・凸に見える。さかさまにしても同じ。

Copyright Akiyoshi Kitaoka 2013 (January 28)

cf. Motoyoshi, I., Nishida, S., Sharan, L. & Adelson, E.H. (2007). Image statistics and the perception of surface qualities. Nature, 447, 206-209.



「両眼」

それぞれ左は真ん中が凸、外に向けて凹・凸・凹に見える。右は真ん中が凹、外に向けて凸・凹・凸に見える。唇と舌に見えることもある。さかさまにしても同じ。

Copyright Akiyoshi Kitaoka 2013 (January 29)



「二枚口」

それぞれ左は真ん中が凸、外に向けて凹・凸・凹に見える。右は真ん中が凹、外に向けて凸・凹・凸に見える。唇と舌に見えることもある。さかさまにしても同じ。

Copyright Akiyoshi Kitaoka 2013 (January 29)



「コンロ」

それぞれ左は真ん中が凸、外に向けて凹・凸・凹に見える。右は真ん中が凹、外に向けて凸・凹・凸に見える。唇と舌に見えることもある。さかさまにしても同じ。

Copyright Akiyoshi Kitaoka 2013 (January 29)



「新幹線 0系と500系」

左は真ん中が凸、右は凹に見えるが、さかさまにしても同じ。

Copyright Akiyoshi Kitaoka 2013 (January 28)


クレーター錯視


トップページ