立命館 文学部 心理学 リンク About
歴史 研究室紹介 専門科目 連絡先など 人々 施設

Department of Psychology

研究室の人々

研究者学術情報データベース
五十音順
名誉教授 高木和子望月 昭,守屋慶子
特任教授 尾田政臣東山篤規藤 健一
教授 宇都宮博岡本直子北岡明佳サトウタツヤ谷 晋二土田宣明
服部雅史廣井亮一星野祐司八木保樹矢藤優子山本博樹
准教授 中鹿直樹林 勇吾
特任助教 田村昌彦
実習助手 織田 涼,春日秀朗,村上嵩至

中鹿直樹 准教授,修士(文学)
専門領域 応用行動分析・対人援助学・実験的行動分析
研究主題 応用行動分析・対人援助学の立場から、障害のある個人の就労を継続的に支援する方法を探る。 行動の変動性・柔軟性に関係する要因を実験的に分析する。
主な論文・著書
中鹿直樹・佐伯大輔・桑原正修 (2011) はじめての行動分析学実験―Visual Basicでまなぶ実験プログラミング, ナカニシヤ出版.
中鹿直樹・望月昭 (2010) 課題分析を使った指導の記録を就労支援に活用する, 立命館人間科学研究, 20, 53-64.
Nakashika, N. (2004) Pigeon’s Behavior as a Discriminative Stimulus, International Journal of Comparative Psychology, 17, 369-377.
E-mail nnt06045 ( @pl.ritsumei.ac.jp を追加してください。)

PSY